Enjoy Camping‼︎

我が家のキャンプの記録です。

失敗しないキャンプ道具選び 左右非対称の変則タープ⁉︎ ユニフレーム REVOタープの紹介

ユニフレーム REVOタープ レボタープ


失敗しないキャンプ道具選びシリーズ第2弾

第1弾のアメニティドームの紹介から、随分と時間が経ってしまいましたが、今回はユニフレームのREVOタープの紹介をしたいと思います。





第1弾のアメニティドームの紹介はコチラ




我が家がファミリーキャンプで初めて行った椛の湖キャンプ場の時は、ファミキャン用に購入したキャンパーズコレクションのヘキサタープを使っていました。


キャンパーズコレクション テント UVヘキサゴンタープ RXG-2UV(BE)

キャンパーズコレクション テント UVヘキサゴンタープ RXG-2UV(BE)

当時は送料込みで4,999円と格安でした。
(現在amazonで8,150円)


いなかの風でもこのタープにお世話になりました。



いなかの風はコチラ


3回くらい使用したと思います。

入門用には、なかなか良いタープでしたが、幅440×奥行425×高さ230cmと少しサイズが小さいかなと。


もう少し大きなタープが欲しくなり、ユニフレームのREVOタープLを購入しました。



ユニフレーム REVOタープ L 681190

ユニフレーム REVOタープ L 681190


REVOタープLは5m級のタープとなりますので家族4人でも余裕があります。




出典 ユニフレームHP




出典 ユニフレームHP





そして、REVOタープの最大の魅力は色々な張り方ができることです。





以下、ユニフレームHPより

スタイル1
メインポールのみを使用したベーシックスタイル。



スタイル2
サイドポールを使用した開放感重視スタイル。



スタイル3
直張りで作る開放感・プライバシー両立スタイル。



スタイル4
サイドポールを使用しないプライバシー重視スタイル。


このようにサイドポールを使いながら、色々なスタイルで楽しむことができる変則タープなのです。




我が家のREVOタープは2015年8月の無印 南乗鞍キャンプ場でデビューしました。


無印良品 南乗鞍キャンプ場の記事はコチラ



ちょっと画像を多目に








その後、いなかの風。





明野キャンプ場でも。


明野キャンプ場の記事はコチラ



こんな感じで、今も活躍しています。



そして、嬉しいのはメインポール2本、サイドポール2本が付属していますので、購入してすぐに色々なスタイルの張り方が楽しめます。



スペックはこんな感じ。


出典 ユニフレームHP




コスパもマズマズで、ファミキャンにオススメのタープかと思います。


良かったらREVOタープのあるキャンプ動画もご覧ください。










ブログランキングに参加しています。もし当記事が参考になったら以下のバナーをポチッと押していただけるとブログを書く励みになります!

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村